彼のターゲットはグース、私の永遠のターゲットは”せなの背中”     from California


by millaya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

Kinderのテスト

もう数日でこの9月からKinderになるせーちゃん。
いよいよ、義務教育の始まりだ。
本日は簡単なテストを受けに学校へ。
もう3ヶ月近くも英語話してないのに大丈夫かな?とちょっと心配。
[PR]
by millaya | 2009-08-27 08:50

帰国の途

本日帰国の途。
と、いう訳で、せーちゃんの大事な虫達ともお別れ。
カマキリも脱皮して、すっかり巨大化。
e0057740_8483819.jpg
e0057740_8491459.jpg

キリギリスの産卵風景を見たり、カブトムシをかったり、せーちゃんは大満足でした。いろいろ遊びに行ったけど、彼の思い出ベスト3の中に虫取りはきっと上位でランクインしているに違いない。後は釣りかな?

もう頭で理解出来る上に慣れた物で、すんなりお別れをして、飛行機も楽チン。
しっかり、3時間くらい眠って、貫徹の私とは対照的にいつものようにスッキリと帰国のせーちゃん。最近お陰で時差ぼけも殆ど無い。
[PR]
by millaya | 2009-08-26 08:47

帰国準備

幼稚園で作った作品も写真に収めたり、いよいよ帰国の為の最終お方付け。
e0057740_846415.jpg
e0057740_8465545.jpg
果てしなく長く感じた蒸し暑い日本の夏休みも過ぎてみるとあっという間。明日、3ヶ月弱の長い滞在も終わりに。
[PR]
by millaya | 2009-08-25 08:45

たっくんと花鳥園


e0057740_8382720.jpg
1泊で東京に帰ってしまうので、三宮に買い物に立ち寄ってから、空港に近いという事で、花鳥園に。ここは間近で鳥に触れ合えて子供達にはなかなか楽しい。
e0057740_8385967.jpg

お花も何時もとっても綺麗。
せーちゃんは来た事があるので慣れたもの。でも最初に来た時からシステムが少し変わって、それぞれのセクションでも有料で餌やりが出来るようになって、せーちゃん達にはますます楽しい。
e0057740_8393054.jpg
e0057740_8401414.jpg

たっくんも餌やり初挑戦で、こわごわながらがんばっていたのに、手も一緒に少しついばまれて、あえなくリタイア。でも、やっぱり興味がある様で、あっちもこっちもきょろきょろ。
年齢には関係なくせーちゃんは以前から何時も怖がることを知らなかった。
従兄弟同士でこの辺は対極。
どちらかというと、動物で痛い目に何度かあって、少し用心するようになったくらいだ。
“犬も猫も良い子と怖い子が居る“”オスの鹿には要注意!“
e0057740_8405131.jpg
e0057740_8411219.jpg
e0057740_8413517.jpg
e0057740_8415996.jpg
e0057740_8423684.jpg

たっくんも満喫。兄夫婦も意外に気に入ったみたいで、皆で楽しんで、後は空港へお見送り。
私も始めての神戸空港。
e0057740_843624.jpg

又しばらく会えないので、今度会う時は、子供達はますます大きくなっていることだろう。

そしてせーちゃんは今夜も地蔵盆のお祭り。
e0057740_8433882.jpg
e0057740_8435815.jpg
e0057740_8441922.jpg

日本の夏の楽しみ治め。
[PR]
by millaya | 2009-08-23 08:36 | 子供の遊び場

たっくんと再会

なかなか会えない従弟のたっくん。
兄夫婦がこの機に神戸にたっくんが出来てから初めて、帰ってくることに。
慌しい1泊だが、神戸空港を利用して、飛行機での帰郷に挑戦らしい。
私は朝用事があって出かけていたのだが、帰ってくると到着済みで、
小さい子も好きなせーちゃんは超ハイテンション。
4歳も離れているのに、おもちゃの取り合いでまさかの兄弟喧嘩。
そしてやっぱり攻撃を受けて泣くのはお決まりのせーちゃんだ。
ま、まあ小さい子泣かしても困るのだけど、その前に譲ってやれないものだろうか?
来る前はぜーんぶ貸してあげると言っていたのに.....。
だいたいこれぜーんぶせーちゃんのじゃないじゃん。と突っ込みをいれたいところだが。
しかも半分はたっくんのパパの物で、考えたらどちらかというと権利はたっくん?
5歳児は大きく見えてもやっぱりしっかり園児だった。

気を取り直して午後から、もうほんとに何度行ったか判らない近所の水族園に3家族総出でお出かけ。
手を繋いでおにーちゃん気分を味わいたいせーちゃんに反して、それを頑なに拒むたっくん。
e0057740_82949100.jpg
e0057740_8301143.jpg
e0057740_8302720.jpg
e0057740_8304893.jpg
e0057740_831559.jpg

水族館初デビューのたっくんは、もうあっちもこっちも興味津々で見て回った。
外は暑くて大汗をかきながらイルカショーも堪能。
殆ど全部見て回って、じいじ、ばあばは一足先に帰宅。

2家族で少々休憩をした後、海岸の方へ出た。
なんとたっくんにこれまた海初デビュー。
e0057740_8313597.jpg
e0057740_8315798.jpg

e0057740_8333175.jpg
海岸に来たのは初めてらしい。見るのも初めて?
結構怖がらずに果敢に海に近づくたっくん。
せーちゃんの貝殻拾いにも参加。

夜は夜で、近所の地蔵盆のお祭りに散歩がてら参加。
e0057740_834274.jpg


初めての飛行機、初めての神戸、初めての水族館、そして初めての海。
たっくんにとってはさぞながーい1日だったことだろう。
[PR]
by millaya | 2009-08-22 08:27

摩耶山+六甲山

夏と言えば海。と山!!
という訳で、本日は山へ。
ケーブルカーとロープウェーに乗せてやりたかったので、摩耶山から入山して、まずはケーブルカー、
e0057740_7584892.jpg
e0057740_759621.jpg
それからロープウェーに乗り継いで、奥摩耶に。
小さい頃は、ここがそれこそ私の庭だったのだが、本当に久々。
上の方はすっかり様変わりをしていて、時の流れを突きつけられた。
e0057740_7593668.jpg

景色を満喫してから、今度は山頂バスに乗って、六甲山牧場へ。
e0057740_804142.jpg

此処ってこんなだったんだっけ?
子供の頃確か1度来ただけの場所に流石の私の記憶もお手上げ状態。
e0057740_812917.jpg
e0057740_8131144.jpg

羊がわんさか居て、でも流石に無料期間とあって人もわんさか。
そして、山頂にもかかわらず本日は猛暑。下はもっと暑いんだろうけど、でも此処も既に暑い!まあ、ぐずぐず梅雨が続いていた事を思えば夏らしいのは夏らしいのだが...。
e0057740_8135566.jpg
e0057740_8143952.jpg

流石はせーちゃん。
暑さももろともせず、羊を追って超急な丘をあっちへこっちへ忙しい。
まあ、楽しんでくれていて、きた甲斐があるというものだが。

帰りは六甲山の方へバスで行って、行きとは違うケーブルカーで下山。
e0057740_8155019.jpg
e0057740_8162078.jpg

[PR]
by millaya | 2009-08-16 07:57

お盆帰省

元おばーちゃんの家だった親戚のお家を訪問。お昼をご馳走になって、せーちゃんを近所の公園で少しだけ遊ばせた。急な坂に取り付けられた遊具もすいすい登って一遊び。
[PR]
by millaya | 2009-08-15 07:56

でかい!

バッタもカマキリも巨大になってきた。夏も後半になってきて、なんとも不気味にでかくなった虫達。せーちゃんはもちろんそんな虫たちにビックスマイル。
e0057740_7553424.jpg

[PR]
by millaya | 2009-08-14 07:54

海水浴納め

お盆を過ぎたらクラゲが出てしまって泳ぐのが困難になってしまう瀬戸内の海岸。なので本日は微妙に曇りだが、泳ぐ為だけに海岸へ。
でっかい浮き板も持っていって、入水。瀬戸内の緩やかな波と浮き板はなんともいい具合で、子供の頃の私は素潜りで魚をとるのと並んでこれが大好きだった。
e0057740_7531478.jpg

e0057740_7541736.jpg

せーちゃんもすっかり気に入ったご様子。
見事に転覆も味わって、大はしゃぎ。
[PR]
by millaya | 2009-08-12 07:51

昔とった杵柄

私もせーちゃんと蝉取り。隣接する近隣公園を1時間程掛けて1週するだけで取れるは取れる。
セミだらけ。
もうもったいなくは全然ないので、低いところのはせーちゃん一人で蝉取りにチャレンジ。結構自分で取れるようになってきた。
私もせーちゃんの届かないところからさっさと採取。
長い網を持つと小さい頃のことを思い出す。
でも兄に付いて必死にやってたのは確か引越し前の5歳までだからったから、考えたら丁度せーちゃんの年までということになる訳で、そう思うとせーちゃんが一人で撮れても全然可笑しくないはずだ。
これもやりだすとなかなか面白い。
でも、防虫スプレーを気にもしてくれない頑固な蚊達に、何時もやられ易い私だけ総攻撃を受けて、最悪。
そうこうしているうちに、せーちゃんの日本ならではの虫篭はあっという間に満員状態。
数えてみると1時間くらいで15匹。
e0057740_751065.jpg

何時ものように何時でも逃げられるように網戸の外側に着けてしばらく観察。
[PR]
by millaya | 2009-08-11 07:49