彼のターゲットはグース、私の永遠のターゲットは”せなの背中”     from California


by millaya
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Thanks giving

家族で集ってターキー食べるぞ!のこの日。今年も友人宅にお招き頂き、美味しいディナーとデザート三昧というなんともラッキーな午後となった。
こういう事とは無縁の日本人家庭の我が家、よっぽど唯一我が家のかろうじてアメリカ人のせーちゃんが、もうちょっと大きくなってリクエストでもしない限り、決して、我が家で購入&調理される事はないであろう七面鳥。でもなんだかんだ毎年何処かしらに誘ってもらっていて、ありがたい限りだ。
[PR]
by millaya | 2008-11-27 22:31

写真@日本庭園

先週の七五三の後、家の近所の日本庭園に写真を撮りに行ったのだが、あえなくぎりぎり閉園時間となってしまって、せっかくなので本日出直した。
着物は楽しむせーちゃんだし、写真も別に嫌いではないが流石にあまり多く撮っているとだるくて嫌になっちゃうせーちゃんで、鯉を見に行きたくて行きたくて仕方のないのをなんとかなだめながら、場所を変え、ダンナの自慢のカメラで撮影会。
e0057740_2229525.jpg
e0057740_2230242.jpg
e0057740_22301025.jpg
e0057740_22301896.jpg

私もいつものデジカメで横からちょこちょこ撮影。
結婚式の写真撮影に密かな人気らしいこの場所なので、数組の結婚式団体を避けながらうろうろ。
見た目は、まあ、立派に見えること!
[PR]
by millaya | 2008-11-23 22:29

参観日

正式な参観日は3つ目の幼稚園にて初めて、やっぱりここはしっかりしてる?
でも日本のように皆で押しかけるのではなくて、1日2組づつくらい各自好きな日にサインアップして行われる。今日は私以外にもう1人。
確かに親が少なくてしばらく毎日となると殆どの子供たちにとっては特別な日ではなくて、日常な訳で、観るにはこの方がいいのかもしれない。日にちも選べてとても合理的こういうとこはアメリカだ。
さてさて、でもやっぱり、せーちゃんはそう言う訳にはいかなくてやっぱりハイテンション。
“ママ、ママ“ すっごく嬉しそうに私の観覧を喜んで満面の笑みを向けてくれるせーちゃんはとってもとっても可愛い。
が、ついつい、”前を向かんか前を!“と思ってしまう私である。
e0057740_22275263.jpg

なんだかんだと他の子供達も意外とやんちゃをしていて、せーちゃんはまあ、やっぱあんなんでも先生の言うようにちゃんと普通に物事をこなしているよう。
落ち着きはハッキリ言ってない。そしてやっぱり指摘通り、お友達とちょこまかがさがさ。
元気でいい、…..と言う事にしておこう。
ま、こんなもんだろう。
[PR]
by millaya | 2008-11-20 22:27

七五三

4才7ヶ月のせーちゃんは、数えで5歳?なんだか日本の正式な歳の数え方とかよく判らなくなっているのだが、今年が七五三?と思い立ってSFの七五三をやるところに問い合わせたら、今年でも来年でも、最近は結構皆さん好き好きですよ。となんとも曖昧な返事を賜ったので、まだ空きがあると言うので、思い立ったら吉日と思い、行く事に。
髪の毛だけセットしてお出かけ、まさかの渋滞でぎりぎりに着いてしまったので、依然ゲットしていた着物を現地に着いて慌てて駐車場で適当に着付けて、大急ぎで会場へ。
本当は神社だろうと突っ込みどころ満載だが、ここはU.S.あるだけマシということで、普段足を踏み入れたことの無い仏教のお寺に。
髪をグロスでセットしたせーちゃんは受付で “色男だねぇー。と“お褒めの言葉を頂いて、褒められていることだけは判るのか、気を良くして会場に入場、着席。
e0057740_22235299.jpg

間もなくしてお坊さん達の私にはなんだか懐かしい、せーちゃんには初めてで珍しいお経と共に、式典が厳かに進められた。
e0057740_2224368.jpg

赤飯と定番ちとせあめを貰って終了。
その後はジャパセンで写真撮影。
e0057740_22243518.jpg
e0057740_22244577.jpg
e0057740_2225673.jpg

どんなに皆に可愛いね、かっこいいねと言ってもらっても、結局、最後は花より団子。やっと写真撮影の“静止”というせーちゃんの不得意分野から解放された後は、満足気にちとせあめにかぶりついていた。
e0057740_22252185.jpg

[PR]
by millaya | 2008-11-16 22:23
買い物がてら、久々にJack Londonを散歩した。引っ越す前は良く散歩したが、引っ越してからはめっきり行かなくなって、久々に行ったら、メインの広場が結構改装されていた。
e0057740_22213378.jpg
e0057740_22214023.jpg
e0057740_22215346.jpg

もう立てられていた巨大なクリスマスツリーに、新しく装飾された、椰子の木がここがカリフォルニアだと言う事を思い出させる。
水辺も何時も道理心地良かった。
[PR]
by millaya | 2008-11-15 22:20

飾り盛り

遠足の時もって帰ってきたパンプキンには、幼稚園でペイントを施されて我が家にやってきた。せっかくなので、遠足で貰ってきた、飾りコーンとスターフルーツのようなパンプキンのような、名前の判らない装飾穀物と一緒に玄関のコンソールに飾っておいたら、せーちゃんが折り紙の恐竜やら、道で拾った大きな葉っぱなど飾りをどんどん増やして、てんこ盛りになってしまった。
e0057740_2220635.jpg

まっ、いっか。
[PR]
by millaya | 2008-11-14 22:19

初めての釣り

私の会社の釣り好きの同僚に釣りに連れて行ってもらった。釣り自体がとっても久しぶり。せーちゃんは何故か釣りに憧れていて、もうドキドキわくわくになっているので、「釣りは釣れると時と釣れない時とあるからね。釣れないかもよ。」と何度も言い聞かせて、彼らが何時も行っている結構近くの湖に集合した。
なんとせーちゃんに子供用の釣竿をプレゼントしてくれて、なんとせーちゃんまさかのMY竿ゲット。
そわそわうろうろのせーちゃんを尻目に大人達は、
のんびり座るつもりでしっかり椅子も持参で、防寒対策もバッチリ。
皆が腰を落ちつけて結構直ぐに、仕掛けが揺れるのに私が気づいて、友人のダンナを呼んだ。引き上げると大きな大きな“ナマズ“。50cmはあるくらいの私的には大ナマズ。でも毎週くらい釣りをしている彼らにとってはまあまあらしい。
せーちゃんもびっくり。
その後は当たりは無くて、場所をデッキの上に移動。
すると、ダンナの竿に当たりが、せーちゃんも手伝って、30cmくらいのニジマスを釣り上げた。
せーちゃんは喜び半分。後の半分は自分の竿に来ない事への不満でちょっと不機嫌。(苦笑)
e0057740_22174220.jpg

今日の獲物は私達がお持ち帰りさせてもらって、ナマズは揚げて中華風あんかけ、
ニジマスはストレートに塩焼きとして、美味しく我が家の夕食となった
[PR]
by millaya | 2008-11-09 22:16

夜のお集まり

あんまり夜遅くよそのお家に行かなくなった私達。でも今日は市内の数少ない日本人友達のお家に3組でお集まり。超激うまの日本料理に舌づつみ。
子供達は総勢6人であっちへこっちへやっぱり忙しい。せーちゃんより大きいおにーちゃんが居て、持っている魅力的なおもちゃや、行動に釘付けのせーちゃん。みんなはしっかり食べているのにやっぱり何処に居てもなかなか食事の終わらないせーちゃんだった。その後皆でDVDを見せてもらっていたが、なんだかスターウォーズまで少し見ていて、新しいキャラクターにまたも釘付けになっていたのであった。
[PR]
by millaya | 2008-11-08 22:16

Car Museum

車にもたっぷり興味のある男せーちゃん。
友達に今度乗せてあげるといってもらっているフェラーリだが、なかなか実現しなくて痺れを切らしたせーちゃんをサイトで見つけた結構近所の 車の博物館 Blackhawk Museum   に連れて行ってあげることに。
きっと我が家のもう一人の男(大)も興味があるに違いない。 
結構新しいらしいその場所は所謂新興住宅外の中で、感じのいいモールの中に配置されていた。
e0057740_22141138.jpg

カウンタックだのフェラーリだの、はるか昔のスーパーカーブーム世代を唸らせそうな車が、真新しいホールにずらりと展示されていた。
e0057740_22143250.jpg

せーちゃんもなかなか一生懸命見て回ったが、大人もせーちゃんとは違う意味で、“ほー、凄いね….。“と言いつつ楽しんだ。
e0057740_22145228.jpg

Museumはそれなりにお金のかかった造りだったし、外のモールの水の公園?も高級感こそ無いもののとっても感じ良くにデザインされていて、鯉などもいて散歩するのになかなか良かった。
[PR]
by millaya | 2008-11-02 22:15 | 子供の遊び場

ああ、日が沈む!

毎日時間が無いと思っているのに、今年は例年の1ヶ月も早く、サマータイムが終わってしまう。早く暗くなってしまって好きじゃない!
今夜は1時間余分にあってちょっとだけ、嬉しいがそんなことじゃ誤魔化されないぞ!
[PR]
by millaya | 2008-11-01 22:11