彼のターゲットはグース、私の永遠のターゲットは”せなの背中”     from California


by millaya
カレンダー

<   2007年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

B.B.Q.日和

e0057740_4191256.jpg祭日の本日、久々にYR邸でB.B.Q.をすることとなり、4組で集合。
何時来てもひろ~いひろ~い公園のようなお庭で、気温もいい感じとっても気持ちがいい。
子供達は大騒ぎでお庭遊び。
せーちゃんは以前にも転げ落ちたこのお家のデッキの階段をまたしても転落。
注意しても注意しても懲りない相変わらずのせーちゃんだ。
e0057740_4185331.jpg

美味しく楽しくお昼を終えた後は、果樹園のようなお庭のレモンをとらせてもらって大満足の子供達。
e0057740_4192313.jpg

[PR]
by millaya | 2007-05-28 04:15

また遊園地

またまた、Gilroy Garden に、散歩がてらという感じ。
もう慣れた遊園地が、今日は前回と違っていて、とっても混んでいた。

初めて出会ったガーリック人?
e0057740_748918.jpg

身長制限で乗れなかった、一人乗りのお魚飛行機。
乗れるようになってご機嫌に搭乗。
e0057740_7483012.jpg
e0057740_7485365.jpg

e0057740_7492358.jpg

まだ帰りたくないというせーちゃんを最後に乗っていなかった車に乗って、なんとか機嫌を直してご帰還。
[PR]
by millaya | 2007-05-26 07:47 | 子供の遊び場

ピカ一の寝相

せーちゃんの寝相はピカ一だ。
自分のベットを嫌って結局寝かしつけよう又は臨時の筈だった布団を我が物にしているせーちゃんだ。
いつも私が寝る前に、一度覗く。

実は、ちょっと楽しみにしている。

何せせーちゃんの寝相は物凄く、
何時もせーちゃんを一瞬探す。
まともに布団に乗っているとちょっと驚く程だ。
まあこれじゃベットはどの道当分止めた方が身の為というものだ。

昨夜もちょっと面白かったので、盗撮してみた。(笑)

e0057740_14331310.jpg
e0057740_14332636.jpg

[PR]
by millaya | 2007-05-22 14:31

大好きなおにーちゃんと

午前中は、5回限定のお教室。
今日は持参の箱などを使って動物のクラフト。ワイのワイのと楽しんだ。

が、久々に、せーちゃんの大好きなKくんの家に行くよと言うと、早々に引き上げて移動。
早速おおはしゃぎで遊び出す。1年年上のKくんの行動もおもちゃもせーちゃんにはとても魅力的。
複雑な合体ロボのような物も持っていて、ああ、男の子、こうなるのか...とちょっと思ったり。

美味しいお昼をご馳走になった一瞬の時間を除いて、夢中で遊ぶやっぱりおにーちゃんの大好きなせーちゃんだ。
また、遊んでもらおうね。
[PR]
by millaya | 2007-05-21 14:25

ヤギの丘

家の窓から見える直ぐ横の丘。
何時ものように庭で作業をしていてふと見ると、黒山のgoatだかり。
「せーちゃん、大変だよ。見てみな!」
”うわあー、いっぱい!”
物凄い数のヤギ。

以前もフリーウェイ沿いの丘で、丘一面のヤギを見て驚いたことがある。
防火対策の草刈の為だとかなんだとか、聞いたような、いないような...。

歩いても直ぐの距離だが、丘の周りを探検したことが無かったので、3人で車に乗って1周。
結局、家から一番直ぐのところでとっても近づける事が判明。
e0057740_13283865.jpg

大喜びで、しばし観賞。
せーちゃんが呼ぶと何故かごっそり寄って来た。
偶然か、それとも人になれているせいか?
[PR]
by millaya | 2007-05-20 13:28

チェリー&ディナー

今日の予定は盛りだくさん。

朝は水泳教室。
やっぱり行きたくないモードのせーちゃんを
先週と全く同じパターンで連れ出し、全く同じパターンで、泣きながらの入水。
が、今日は30秒程で泣き止んだ。
e0057740_15385285.jpg

メニューらしきものをこなし、無事終了。
なんだかやっぱりあまり好きにはなれないよう。

気を取り直して、その後、Mさん達に急遽誘われて、チェリーピッキングに参加。今年は豊作、低いところにもたくさん。
e0057740_1539531.jpg

大きくなってきた子供達、一人前の会話を交わしながら、たわわに実ったチェリーを次から次に取って行く、なんだかそれらしく、チェリーピッキングをちゃんとやっている小さな3人がとっても可愛い。
e0057740_1539316.jpg

e0057740_15394820.jpg

とってもたくさんあって、取るかいがある。
e0057740_1540381.jpg

木にも少し登ってみたり。
e0057740_15402821.jpg

でもせーちゃんはやっぱり王道のビングチェリーは食べない。最高級、淡い色と味わい日本のチェリーに似た感じのレイニアーチェリーだけ、少し食べた。ビングはせーちゃんにはちょっと甘みがきつすぎるのだろう。

たくさんたくさん取って、一旦お家で休憩。

そのたくさんたくさんのチェリーをお土産に、
その後、本日第三の予定、
ダンナの職場の人に招待された夕食会に参加。
なんと、奥さんのお母さんがせーちゃんのベビーシッターを申し出てくれて、
英語のおばーちゃんと1対1で大丈夫?とちょっと心配したが、
そんな心配はなんのその、なんだかちゃんとコミュニケーションを取っているばかりかとっても盛り上がって楽しそう。
アメリカ人には珍しい、プロ並みの料理の数々をフルコースで、フルセットの高級食器で出してくれている間、せーちゃんはほんとうにずうとそのおばーちゃんととっても楽しげに遊んでいた。せーちゃんをしっかり手なずけている上、あのせーちゃんの体力に数時間付き合ってくれたおばーさん、凄い、お見事!
それに、かなり疑わしかったが、なんだか、せーちゃんの言うようにやっぱり結構英語が判るようになってきている様子。
帰宅の時間まで大人たちが食事と会話を楽しんでいる間、超ご機嫌で遊んで、持参のパジャマに着替えて寝ながら帰宅。

ながーいながーい一日が終わった。
[PR]
by millaya | 2007-05-19 15:44

大ペイント大会

以前、少しだけ参加した別の日本人子供の会。今回5回限定で復活したので、参加する事に。
日系の小さな体育館のような場所を借りての会。
ロール紙を広げて子供が皆乗れる特大の紙を作り、あっちこっち歩いてペイント大会。
もちろん皆必死に取り組んだ。
せーちゃん、いろんな事が出来ていいよね。
[PR]
by millaya | 2007-05-14 03:28

ウインドーショッピング

せーちゃんのお片づけの入れ物を探していたのだが、見たいお店が何処も遠かったので、いっそ、San Jose としばらく行っていなかった新しめのショッピング街へ。
e0057740_1475022.jpg

以前よりすっかり出来上がって、凄い人手、
ちょっとSantaMonicaを思わせる通りがにぎやかで、せーちゃんもおおはしゃぎ。気持ちいい感じに暑くて、3人で散歩。
何を買う訳でもなくフラフラ。
[PR]
by millaya | 2007-05-13 14:03
本日は、
「ママも一緒に行くよ。
終わったらグミキャンディー3つね。
あ、あったかいミルク持って行ってあげるね。」
などと機嫌を取りつつ、
なんだかやっぱり微妙に嫌がるせーちゃんを着替えさせて出発。

インストラクターに相談すると、大概の子は2,3分で泣き止むから取りあえず、その気があるなら入れてみてというので、しがみつくせーちゃんを水の中に手渡した。

すると、言われた通り2,3分でちゃんと泣き止んでそれなりにこなし始めた。
なんだか情けなさそうな顔をしているが、一様30分泣かずに終了。
「凄いね。カッコ良かったよ、せーちゃん。」
“せーちゃん、くじらのおしゃかなみたいだったの。”さてさて、どうなる事や。


その後、
結婚、10年目の記念に、
10年前式を挙げたSFの教会に。
お昼に訪ねると門が閉まっていて、ちょっと残念だったが、前で記念撮影をした。
3脚を立てたら、なんとせーちゃんがシャッターを押してくれた。

ジャパセンでお昼を食べて、むかーし行ったカフェに立ち寄り、
かろうじてつぶれずに存在するそのたたずまいを楽しみ。

帰りにもう1度、教会に立ち寄った。
すろとなんと門が開いていたので、10年ぶりに中に入ってしばしのタイムスリップと10年の思いを楽しんだ。

せーちゃんは思ったとおり、

"せーちゃんは?ここいた?
どーして、いなかったのお?せーちゃんも!“


と、思った通りのリアクション。

3人で来れて良かった。
また、10年前、想像できていなかった、自分達の姿がここにあって、
不思議な気分。

今、Happyで良かった。ありがとう。
[PR]
by millaya | 2007-05-12 14:01

もう4度目の母の日

幼稚園で母の日に、
ココアのセットを作ってプレゼントをしてくれた。
ココアミルクの粉とマシュマロ自分で入れたと解説。
もうこんな物持って帰ってくるなんて。ちょっと感慨深いものがある。
e0057740_1359159.jpg
e0057740_13593533.jpg

もの凄い勢いで進められたので、食後に1杯頂く。
せーちゃんが相変わらずの勢いで、振りまきながらカップに入れてくれ、
何故か気に入っているマシュマロを横からせがんで殆ど自分で食べた。
でも、とっても甘くて、あったかかった。
[PR]
by millaya | 2007-05-11 13:55