彼のターゲットはグース、私の永遠のターゲットは”せなの背中”     from California


by millaya
カレンダー

<   2007年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

お集まり

久々にM邸に、4組でのお集まりに参加。
せーちゃんの大好きなAちゃんが遊んでくれるので、やっぱりとってもHappyなせーちゃん。
最近は状況にもよるけれど、私が抱いていてもちっちゃいまだ歩かない赤ちゃんには焼きもちを焼かずにちゃんと
“かわいいね。”と、
いい子いい子と頭をなでてあげられるせーちゃん。
少しは成長したかな。
[PR]
by millaya | 2007-01-30 14:34

大流血事件

日本行き前のA君達が朝から遊びに来てくれた。
Aくんが来ると聞くとおおはしゃぎで喜ぶせーちゃんだ。
が、この幼馴染の2人、以前よりましになたとはいえ、やっぱり同じ物で遊びたがって、交代でビービー言いながら、それでもくっ付いて遊ぶ。
お昼も一緒に食べて、お昼寝の前まで思いっきりおおはしゃぎで遊んだ。


何時ものように夕食を食べていると、これまた何時ものように遊び始めたせーちゃん。
私のお皿を弾き飛ばして、何度注意しても立ち上がったり乗っかってきたりで邪魔をするので、
「もういい加減にしなさい。せーちゃんは食べなくていいから、あっちで一人で遊んできて!」
と、言うと。
”いやだぁ~~~あああ!” と
大べそになって泣きながらそれでもなぜか素直に自分のおもちゃのある方へと歩いていった。
1歳は1分、2歳は2分というアメリカ式のタイムアウト、2分経っていないだろうが、おさまるどころかなんだか益々半狂乱になってきていて、効果が無いようだし、1度抱きしめてなだめて、落ち着いたら言い聞かそうと、私が早々ギブアップ。
階段の横を回って電気を付けて見ると、そこにはありえない光景が。


血まみれ!!
え!?
何?


床には15センチくらいの血の池
前に静止された両手は両面、ペンキにでもつっこんだみたいに真っ赤
そして口は血で溢れ、洋服にも垂れている。

「せーちゃん、血まみれぇえええ!」 ダンナに助けを求める。

殆ど何かの事件現場かスプラッタームービーかといった感じ。

「どうしたの?どうしたの?せーちゃん。」
聞いてもしゃくりあげるばかり。

舌を噛んだ?
...でも血がいっぱいで見えない。
転んだ音も聞こえなかったし、こんな怪我するほどの物などここには何も無い筈。
え?もしかして吐いた?

そう思うと急に怖くなって、私はいても経ってもいられずに、emergencyに連れて行こうと、抱きかかえてガレージの扉を開けた。

すると、何時も冷静なダンナが私を静止。
「多分口切ってるんだ、見せてみ。」とせーちゃんの血に染まった唇をめくる。
と、内側に1センチあるかないかの切り傷。
「ほら。」
私はというと、え?こんな少し切っただけで、こんなに血が出るの?と、原因が唇の怪我と判ると、急に冷静になって、今度は抱いたままシンクで大量の血を洗い流した。
ここ痛い?
聞くとうなずくせーちゃん。
見た感じそこだけで、もう血は止まっているよう。

「縫ったりしなくていいのかな?」
「血、止まってるようなら大丈夫じゃないか?」

血まみれの服を着替えさして、せーちゃんが泣き止んだら、
すっかり気が抜けて、へたり込むしかなかった。

「せーちゃん、ママ怖かった。」べそをかくと、
”せーちゃんもこわかった。”と抱きついてきて、
2人で、えーん、怖かったね、と抱き合って泣いていた。

ダンナが静かに一言
「なに何時までも2人して泣いてんだ?」
馬鹿じゃないの?と言わんばかりに笑って言った。

結局何も無いのに何時ものように転んだら、丁度口のところにプラスチックのトンネルがあって、角かと思いきや、本人の解説により、少し波になっているが殆ど平らな部分に打ったことが判明。
直接の原因は”歯”だった。

その後、食事は再開されなかったが、もう痛くないと言って眠りについたせーちゃん。
寝入ってからも、血の気が引いてやしないかと心配で、赤みの掛かったほっぺと息を確認してから私も眠りに着いた。

それにしてもあの大量の血。
大事にならなくて良かった。
多分よほど深く切ったのだろうが、あんな小さな切り口であの血の量には本当にビックリだ。
ああ、元気な男の子、これからまた怪我もするのかと思うと、ちょっと怖い。
冷静な対応、出来ると思っていたのにすっかり自身をなくした私であった。

お願い、大怪我や大病しないで元気に育っておくれ。
[PR]
by millaya | 2007-01-29 07:02

この子

毎日忙しくしているとあっという間に週末が来る。週末もなんだかんだと何時も用事だの買い物だの、そして空き時間は庭作りであっという間に時間が過ぎる。
せーちゃんがお昼寝から目覚めると、久々に我が家に来てくれたHさん達がいて、
知ってはいるけど、お名前は?ということで、
”このこ、だあれ?”
と大の大人を捕まえて、真顔で尋ねるせーちゃん。
ああ、日本語って難しい。
[PR]
by millaya | 2007-01-28 06:50

ありえない光景

何時もの1週間。
何時も大騒ぎの火曜日のお教室。何時ものようにしっちゃかめっちゃかメニューをこなして食後、珍しくビデオを付けて貰ったら......
e0057740_8325463.jpg

みんな座って、普通じゃありえない光景が!
[PR]
by millaya | 2007-01-23 08:30

久々のMちゃん訪米

2年前ロンドンに引っ越してしまったMちゃん家族が、久々に訪米。
皆で公園でお集まりとなった。
e0057740_8281568.jpg
e0057740_8282791.jpg
e0057740_8283586.jpg

え?本当に2年ぶり?と思う程、お変わりも無く、3,4ヶ月の頃から知っているMちゃんも、確かに凄く大きくなっているのに何故か、変わりないように見え、とってもよおくずっと会っていたような、不思議な感覚にとらわれた。
せーちゃんは、久々の暖かな陽気+大好きな公園遊び+大好きなお友達たくさんで、もう大興奮大満足で遊びまわった。

解散の後Aくんファミリーと一緒に、お昼を食べて、更にお調子のりのりのせーちゃん。やっぱり、遊んでばかりであまり食べないxxx

買い物をして帰宅。
せーちゃんはシャボン玉などしたりしながら残りの時間を家族で庭の開拓に費やした。
[PR]
by millaya | 2007-01-20 08:26

体操教室2回目

朝、ダンナが忙しかったので、これじゃ意味無い?ちょっと思いつつ、2回目の体操教室に。
走っていって踏み台でジャンプして、でんぐり返をするのを、せーちゃんも勇んで挑戦。
ジャンプの後微妙に間を空けながら、その上変な方向に転がるものの、なんだかそれらしい。2歳児には上出来!凄い凄いと言われて、気分よく何度もチャレンジ。
鉄棒の前回りにも初挑戦。釣り輪もぶら下がってぐるぐる回ったり、なかなか楽しんだ。
前回よりも良くなって見えたのは親ばか?
[PR]
by millaya | 2007-01-20 03:37

何時もの1週間再開

火曜日昼過ぎまでお教室、
水、金幼稚園、
木曜日午前中教会の子ども会。
最近月曜日のお集まりは影を潜めているが、せーちゃんと、どこかおかしい日常会話をこなしながら、スケジュールをこなしているとあっという間に1週間が過ぎる。

木曜の教会の子ども会にも久々の参加だったので、その後、4組のお友達に家に寄ってもらった。
友達と遊ぶと、本当に夢中になって楽しそう、もうすっかり元気でやんちゃなちいちゃな少年だ。
幼稚園も楽しいといっているし、参加型、これもせーちゃんの長所の1つに違いない。
[PR]
by millaya | 2007-01-19 03:35

久々に

暫くお友達と遊んでいなかったので、思い立って、何時も月曜日集まっていたメンバーに遊びに来てもらった。せーちゃんの大好きなAくん、Pくん、Sちゃん、Cくん久々の大集合にせーちゃんのテンションは上がりっぱなし。
e0057740_8242257.jpg

e0057740_8243418.jpg

Pくんの新しい生後1ヶ月の弟くんにも初対面。総勢14人。
最近気づいたのだが、引っ越して以来、遊びに来てもらう事の方が断然増えた我が家。
そうするとせーちゃんは全てを貸す立場になる訳で、当然取り合いになるとせーちゃんがまず怒られる+怒る私も疲れる。最近は何故かめっきり機会が減ってしまったが、逆にお友達の所におじゃまする場合は、常に貸してもらう立場なので、子供はストレスフリーだったりする。
そう思うと、まあまだ2歳だし、ちょっとは大目に見てやらないとかな?と思ったりした。
とは、いうものの、取り合いになったら。注意しない訳にもいかず、結局、超にぎやかに、楽しい時間が過ぎたのであった。
[PR]
by millaya | 2007-01-15 03:11

初めての体操教室

パパと公共の場に行く機会も無かったので、土曜日の朝に家の近所のgymnasticsのクラスを初めて取ることに。40分だけの体操教室、2歳半から3歳半のクラスだ。
最近、アメリカ人の行動パターンも判ってきたので、初日は、他の人も多分同じ事考えるだろうと、家族3人で、カメラを持って、参加。
e0057740_15252713.jpg
e0057740_15253713.jpg
e0057740_15254782.jpg
e0057740_1526256.jpg
e0057740_15261658.jpg

何処に行っても何をやっても物怖じずることなく、やる気満々のせーちゃんだけあって、とっても楽しんだようだ。
[PR]
by millaya | 2007-01-13 15:18

さっそく幼稚園

帰国当日は、時間を決めて2時間ほどだけお昼ね。何時もの時間に合わせて就寝。
翌日から、幼稚園と仕事に出た。
流石のせーちゃんも3時間以上も昼寝したらしいとの報告。
よく木曜日は、2人でだらだら寝ていたらなんと起きたのは昼の12時近く。
せーちゃんは、何時もながら途中起きたとはいえ、13時間以上も寝ていたことになる。
高熱でもそんなに寝た事がない彼の人生始まって以来の出来事だ。
危うく時差ぼけが戻りそうだったので、金曜日は、2時間以上お昼ねさせないで下さいと、幼稚園に頼んでおいたら、一様ぶり返さずにすんだ。
[PR]
by millaya | 2007-01-12 15:03