彼のターゲットはグース、私の永遠のターゲットは”せなの背中”     from California


by millaya
カレンダー

<   2006年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

幼稚園 Day4

’まま、がっこ。”
断固と言い張りながら登園。
怪しいと思いきややっぱり、厳重警戒態勢のせーちゃん。
ちょっとチェックを切ったりもたもたしていたら、半べそ顔で足にへばりついた。
片足にしっかり巻きついて思えばこんな事は初めてだ。
やっぱり、一昨日は、凄い勢いで出てきたので良かったらしい。
しばらくかかって、おもちゃに行った一瞬の隙に部屋を抜けてきた。
大泣きほどではなかったが、べそかきで抱かれるせーちゃんの姿。

でもやっぱり今日もお迎えの時間には元気いっぱいおっきい子達に混じって遊んでいた。
どうやら殆ど泣いてはなかったよう。

少しは判ってきたかな?
[PR]
by millaya | 2006-06-30 13:12

Boys

久しぶりに、Yちゃんかっちゃん、MさんLくんと会えることに、今度2人の家の中間地点になった我が家に遊びに来てくれた。
もう随分前からの友人になりつつある2人に会えるのはとっても嬉しい。せーちゃんも1つ上のおにーちゃん達2人が来てくれて大喜び。何でも真似をしたがって大変だ。
事もあろうに乱暴まで働いて、まったくも、せっかく来てくれているのに益々やんちゃで困ったものだ。
[PR]
by millaya | 2006-06-29 13:03

泣かずに幼稚園!

幼稚園3日目。
先日の日本語のお教室。笹を取りにちょっと出て行っただけで、珍しく”ままあー”と泣いたせーちゃん。ああー、明日も絶対泣くと思っていた。
ちょっと、気の重い私。
でも行く気はある。
「がっこう行くよ。」と言うと、そそくさとじぃじから貰ったサンダルを靴下の上に履いたせーちゃん。
「こっちの靴履いて、それじゃー学校行かれないよ。」
いつもなら絶対怒ってきかないはずだが、素直に自分で履き替えて出発。

”ねぇねぇ、ぱぱは?”
「パパ、お仕事。」
”ぱぱ、おちごと。”
「せーちゃんは?」
”せーちゃん、がっこ。”
「ママは?」
”まま、がっこ”

駄目だこりゃーx

昨夜遅かったせいで、朝遅くなって、私も、作戦を変え、遅い方が来てる子供も多くていいかもと思い、そのまま遅めに到着した。
入ってゲートを入るともうにぎやかな人数。荷物をささっと置いて、せーちゃんはちゃんと皆に挨拶とかして、先生にハグとかしてそのままの勢いで遊び始めたから、私もササッと出てきた。


夕方、お迎えに行くと何時ものようにお外でご機嫌に遊ぶせーちゃん。
今日泣きましたか?聞くと、皆、私が来た時には泣いていなかったとの事。
時間から考えて、
!!!泣いて無い!!偉い!
私も気分が救われるというもの。
先生が「今日、ピエロ来たでしょ?ママに教えてあげて。」
夏にはイベント事がいろいろある。
「せーちゃん今日ピエロ来たの?今日何したの?」
”ぶーどーざぁー!” (=ブルドーザー)

会話が成立するにはまだ少しかかりそうだが、3日目にして泣かずに幼稚園。
えらい!さすがせーちゃん。

e0057740_1283322.jpg

あまり書いてないが、1日目に始めての幼稚園でやったお絵描き。
[PR]
by millaya | 2006-06-28 12:12

一足早い七夕

お教室でお友達のお誕生会。せーちゃんは何時もマイペース
e0057740_1212912.jpg
e0057740_1213682.jpg

珍しくカップケーキをパクリ!皆にも珍しがられた。
e0057740_121455.jpg

Aちゃんがお引越し先の庭先に生えていた笹をもってきてくれて、一足先に皆で七夕の飾りつけ。勿論、しっちゃかめっちゃかの子供達を尻目に親が必死に作ったのだが、子供には見慣れぬ七夕も大人には懐かしく心地良い。
何十年ぶり?だろうか......
せーちゃんは振り回したがって仕方がなかったが、取り押さえてハイポーズ!
自分でお願い事を書ける日もそう遠くはないだろう。
[PR]
by millaya | 2006-06-27 12:00

冴えない週末

お買い物に行ったりなんだり、なかなか進んでいかないお家の片付けだが、それでもすこうしづつ家らしくなってきた。
私はまたまた風邪をぶり返して日曜日せーちゃんと行くはずだった、NさんのB-showerもあえなく断念。冴えない週末。
月曜日はだいぶ気力を取り戻し、力の有り余るせーちゃんをお庭で少し遊ばせたりした。
夜、修理に預けていた車を取りに行って、せーちゃんは移動中寝る予定だったがぜんぜん寝ず、9時頃帰ってもまーだ目を開けていて、結局寝たのは9時半、この頃早くには寝られなくなっている上、相変わらず夜中は起きる。まいったものだ。

思い立って夜中聞いてみた。
「どうして泣き泣きしてるの?」
”はちぶぅーん!”
だそうで、身振り手振り、夢でも見たらしい。
「もう蜂いないでしょ?」
”うん。”
「じゃ、泣きしないで眠すればいいんだよ。」
”うん。”

...........夜は長い。
[PR]
by millaya | 2006-06-26 11:50

泣き虫せーちゃん

幼稚園2日目。
”がっこういきたぁい”と、言うけれど、 ”まま、いないいない。”
ももうばれてしまっていて、なんだか一昨日程の勢いの無い今朝のせーちゃん。
少し、乗り気じゃなさそう。
でも嫌がること無く到着、おもちゃで遊びだした。
しかし何かが違う。私が立ち去るのをビンビンアンテナを立てて警戒している。
とうとう、 ”まま、まま、あとぼう!”と手を引き始めた。

皆が大丈夫だったと言うので、詳細を聞きそびれたのだが、
初日はなんと、11時頃まで、泣いたり泣き止んだりしていたらしい。
いや、きっと物凄く泣いたに違いない。 3時間...!

先生に抱いてもらって私は教室を後にした。
はずだった。が、車のキーが可笑しいのかエンジンがかからないハプニング。
実はこれは3度目、1月ほど前も1度あって、2度目はなんと2日前ここで、なった。
少しでその時は結構直ぐかかったのだが、せーちゃんの怨念か、今日は全然駄目、give upで、助けの車を呼んだ。でも結局かかって自力で帰ったのだが、
そのぐずぐずしていた1時間あまり、延々と泣き続けるせーちゃんの声を聞く羽目になった。

一昨日声がよく聞こえなくなったのは、クラスが始まって部屋を移動したためと判明。
せーちゃんの超大きい雄たけび泣きは、留まる事を知らない。
ま、泣くといくらでもこっちがつかれはてても泣き続けるせーちゃんだ。2,30分は怪しいと思っていた。

それでも、夕方お迎えに行くと、ゆっぱり楽しそうに遊んでいて、楽しかったと頷く。
「今朝は何分泣いてましたか?」
聞くと、9時半頃まで...今日は私はゆっくり付き合っていたので、8時半頃だったから、
1時間ちょっと という事になる。
「笑ってたし、初日よりは随分良かったわ。」だそうだ。

何時も態度がでかいので、時々忘れそうになるが、まだオムツをした2歳2ヶ月
泣いても当たり前。
実はまだちっこいせーちゃんの社会生活最初の試練は何時まで続くのか.....?
[PR]
by millaya | 2006-06-23 12:41

久々動物園

聞くも涙語るも涙の初登園から一夜明け、打って変わって、いつものPG仲間と動物園へ。
せーちゃんは
”がっこ、いきたい!” と言っていたが、動物園と聞くと目の色を変えた。
超あっつい中、4組でぶらぶら楽しんだ。
お昼、ちっともちゃんと座ってられなくて挙句はお弁当をひっくり返し怒られておお泣き。
何度も転んで、また同じ膝を擦り剥いて、 ”いたぁい、いたぁい!あし、いたぁい!”と超大げさな何時ものせーちゃんであった。

             せーちゃんフォトギャラリー
e0057740_13372916.jpg

4人一緒に撮るのは不可能だった...
e0057740_13374357.jpg

カワウソの前でおおはしゃぎ。
e0057740_13375369.jpg

何でもチャレンジ!
e0057740_1338280.jpg

きりんさんの前でPくんとハイポーズ
e0057740_1338113.jpg

可愛いベイビーきりんちゃん達も木陰で一休み。
e0057740_13383682.jpg

大好きなぞうさんと。
e0057740_13384485.jpg

私から奪った水をガブガブ。
[PR]
by millaya | 2006-06-22 13:32 | 子供の遊び場

せーちゃん初登園!

ドキドキで迎えた初登園。
私はなんだか落ち着かなくて、仕事どころではない。
せーちゃんは「学校行くよ。」と言うと大張り切りで、用意したプーさんのリュックに弁当など入れてやると、担ぎたがって担いだが、後ろによろけて遭えなく断念。気を取り直していざ幼稚園へ。
車で2分。
せーちゃんは案の定、着くなりおもちゃで遊び始めた。
荷物を置いて、私はなんだか立ち去りがたかったが、「じゃね、ママ、行くよ。行ってきますは?」
”うん。”なんだかちょっと怪訝そうな顔で遊びながら小さく呟いた。”いっていまーす。”
(ああ、やっぱりせーちゃんは大丈夫なんだ。私はべそかきなのに...)と思いつつ角を曲がると、一瞬間を置いて、せーちゃんが大声で泣き出した。
”まぁまぁあ、まぁまぁあああ!!”
私はやっぱり悲しくてなかなか立ち去る事が出来ず、車の中から泣き叫ぶせーちゃんの声をしばらく聞いていた。
ふさふさの頭の上が、うろうろするのが窓越しに見える。しまいに何かを見つけてよじ登って窓から顔をのぞかせた。
先生が抱いてなだめてくれたりして、でも泣き止まない。
ちょっと離れたところに車を移動して登園風景を眺めたりしながら20分くらいたっただろうか?
他の子達の声にかき消されたのか泣き止んだのか、せーちゃんの声がよく聞こえなくなった。
私も諦めてストーカー行為を断念。帰途についた。

なんだか手につかないが、メソメソしながら仕事をして、せーちゃんが居るとできない事と思い、お昼に手抜きランチを食べながらテレビを観て見たりしたて、またそわそわしながら仕事を続けた。

夕飯を作ってから、待ちに待ったお迎え。
せーちゃんは楽しそうにお外の水の入った小さなプールにお友達と手を入れて楽しげに夢中で遊んでいた。
私を見つけると、
”まま!” と言って嬉しそうに駆けてきた。
とっても可愛い+愛しい。
”おみゅじゅ、おみゅじゅ、&*#&*.....”
お水で遊んでいた事を一生懸命解説。
その後も聞くとなんだか一生懸命解説してくれた。

お昼ごはんも大分食べて、以外にもお昼寝もちゃんと出来て!!最初泣いた以外はとっても元気に遊んでお利巧だったとの事。

「せーちゃん、学校楽しかった?また行く?」
”うん!”
と元気に頷いたせーちゃんであった。

また行きたいんだ。良かった......。
[PR]
by millaya | 2006-06-21 14:40
朝からやっぱりお出かけしたくてたまらないせーちゃん。
今日は日本語のお教室だよ。と言ったらもう行く気満々で、靴など履き出す始末。
そして”がっこいきたい!” を連発。
「せーちゃん、明日学校だよ。幼稚園。
幼稚園、ニモみたいに、”行ってきまーす!”ってママにバイバイして行ける?」
そう言うとせーちゃんは何時も ”うん。”
頷いて、 ”まま、ばいばい、いっていまーす!” とニコニコ手を振って見せる。今朝もその答えは変わらないので、朝食の時、真剣に説明してみた。
「せーちゃん学校行ったら、ママはお家でお仕事してるから、せーちゃんは、お友達と遊んで、先生の言う事聞いて、お昼ご飯お友達と一緒に食べて、お昼寝も一緒にして、それから又遊んで、そしたらママ、お帰りーって迎えに行くから、せーちゃん、ただいまって言うんだよ。出来る?ママ、居ないからね。」
少し考えて、”まま、ここ。”  と私の膝を指差し。
xxx駄目だやっぱ、判ってない......
”学校、ママは行かないから、せーちゃんは一人で行くんだよ。判る?ママ居ないよ。」
また少し考えて、 ”まま、いないいない。”  今度は少し判ったようで、何度も繰り返した。
「一人で行ける?」
一人という言葉の意味は判って居るはずなのだが、又考えて今度はしっかり頷いた。
”うん。がっこ、いきたい。”

その後お教室に行って、僅かな昼寝の後、買いそびれた幼稚園の持ち物を買いにお買い物に。
夕飯の後、又朝と同じ説明をしてみる。
すると今度はどうやら理解しているようで、”まま、いないいない。”  
「学校、行きたい?」
”うん。がっこ、いきたい。”
私はなんだかやっぱり寂しくて、半べそ気分なのに、せーちゃんの意思は固いよう。

食事の後、なんだか甘えん坊のせーちゃん。
”べーびー、せな。”と、自分で言って横抱きになったので、
「せーちゃん、ママのお腹の中に居たときの事覚えてる?ママのぽんぽんの中どうだった?」
と、聞いてみる。するとなんだかせな語で一生懸命解説するせーちゃん。
”にゃんにゃん、ごおおお”
「!?ニャンニャン、ゴロゴロ言ってた?」
”うん、ごおおお、ごおおおって@*&$*.....”
凄い力説で解説するせーちゃん。
ダンナと2人、本当かな?と言いながら不思議がった。
と、言うのも私は妊娠中仕事から帰って家に居る時は、ゴロゴロ言うみらをお腹にひっつけてソファーで休憩を良くしていた。
「この子が最初に聞く音はみらのゴロゴロかもね。」ダンナと良く言ったものだった。
せーちゃん、本当?
本当かもしれない。

観念して、伸ばしに伸ばしていた持ち物の名前書きに取り組んでいたら、珍しく私をよぶせーちゃん、最近はダンナが寝かしつける事が多いので、パパがいいと泣く事もしばしば、なのに私と一緒に寝ると言って聞かない。
本当に明日一人で行くって判ってるんだ。ダンナもそう思ったと言っていた。

さあ、明日どうなる?
仕事の為もあっての幼稚園入りなのに、緊張して仕事が手に付かない私である。
きっとせーちゃんは元気に遊んで、私は泣きながら仕事をするんだろうな.....
[PR]
by millaya | 2006-06-20 14:28

出張パン屋さん

朝からやっぱり物足り気なせーちゃんを言い聞かせながらお家でちょこっとお片づけ、Mさん彩&花ちゃんが遊びに来てくれた。
相変わらずマイペースな花ちゃん。彩ちゃんを追い掛け回して何でも真似っ子のせーちゃん。
そしてちょっぴりお姉さん、ちびっ子の相手はちょっと物足りない彩ちゃんと相変わらずの何時もの3人を尻目に、Mさんがいろいろ持参でパンを焼いてくれた。
出張パン屋さん。焼きたてのパンの香りにとっても幸せ。
美味しい!
食パンしか焼いた事の無い私のパン焼き器、まだ1度ドリアを焼いただけで良く判ってないオーブンを次々と使いこなして、手際の良い事!まるでよそ様のキッチンを眺めるような私であった。
結局楽しい時間はあっという間で、3人をせーちゃんお部屋でいっぺんにお昼寝させようと張り切って本など読んで見たが惨敗。ますますハイになって、遭えなく別の部屋へ退散してお昼寝に入った。
.....幼稚園、果たして眠れるのだろうか?
夕飯とお風呂も一緒に楽しんでゆっくり1日居てくれて、私もせーちゃんも楽しんだ。
スペースがあるってやっぱり楽しい。
[PR]
by millaya | 2006-06-19 15:12