彼のターゲットはグース、私の永遠のターゲットは”せなの背中”     from California


by millaya
カレンダー

<   2006年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

超忙しい1週間

そろそろ活動できるかな、と思っていたら、月曜日のお教室はお休みとなって、ま、まだ病み上がりだし、と思ってやっぱり大人しく過ごす事となった。
もうそろそろ雨季は終わっているはずだろうに、なんだか外も未だに雨が降る。降ったり晴れたり曇ったり、なんだか妙な天気が続いていて、気分も乗らない。

気を取り直して火曜日は、参加人数少ないながらも、朝から何時もの幼稚園風お教室。
せーちゃんは、久々にAくんに会えておおはしゃぎ。二人で見詰め合って何やら会話したり、じゃれあったり、取り合いしたり、嬉しそうだ。

水曜日のPGは、御用事を済ませてから、雨がちだったので以前行った、Chuck E Cheese'sに集合となった。せーちゃんはここを覚えていて、消防車の乗り物に乗りに行くと言っていたので、丁度いい。やっぱりあっちこっちと忙しく遊びまわって、ちょっと下を向いた瞬間に姿が見えなくなったりする物だから、私は冷や汗ものだ。この先、ますます、動きが早くなるだろうに、どうしたものか?

木曜日はSing-Alongのお教室に行った後、M邸で6組で集まって、皆からリクエストのあったたこ焼きを焼いた。私はすっかり楽しんだが、せーちゃんは、始めて会った1ヶ月後生まれのTくんに後を追われて、時々ボカスカ殴られてひっきりなしに泣いていたのだが、私はタコ焼きから手を離すことが出来ずあまり助けてあげられなくて、ちょっと可愛そうな事をした。
仕方が無い、子供の世界も厳しいのだ。

そして、金曜日は朝から御用事2箇所と買い物と、せーちゃんの病院と慌しかった。
もう肺炎の音とやらは聞こえないらしい。良かった。本人も近頃良く食べているので、もう本調子なのだろう。大好きな水槽の金魚を眺めて、シールを2つも貰って帰ってきた。

なんだかとっても何時もの1週間だったのだが、一つだけ違っていたのは、私が再び仕事が入ったので、火曜日の午後2時間半程、せーちゃんはA君の家にあずけられた。
3度目だし、Aくんの家には大好き電車があるし、ニモも持参した。
ママとも呼ばなかったらしい...バイバイをすると泣き叫んだりもするのだが、遊んでるうちに出るとなんともないようだ、ま、仲良しA君のお陰だろうが、なんだかな.....。

そして、超忙しくなってしまったと思ったら、もう3月も終わり。
せーちゃんももうすぐ2歳!!!
[PR]
by millaya | 2006-03-31 12:52

早速鼻血

用事に半日以上費やし、これまた用があったので久々にショッピングモールへ。
せーちゃんは遊びたくて仕方が無い。
中央にあったイースターバニー(ああーもうそんな時期)と写真撮影のコーナー、でっかいうさちゃんに一生懸命手を振って、回りに集まる子供達に混じって一遊び。
早速大きい子の真似をしたり、小さい子を突き飛ばして怒られたりしていたが、
やたら体格がでっかいく、せーちゃんより体重もありそうだが、明らかに月齢の小さそうな子が、車のTシャツを着ていて、それが気になったせーちゃん、Tシャツを見ようと掴んで近づこうとして、誤って、ぶつかり、自分は大破で大泣き。その子もしりもちで泣き出した。
私は止めさせようと慌てて、近寄ったのが間に合わず、自ら痛い目にあって大泣きのせーちゃんを抱き上げると、相手のお腹辺りにタックルしたはずなのに、左の鼻から血!がたらり。
なんで?と思ったが本人も”なぁな”(=鼻)と指差しで大べぞ。
口まで垂れる血に、全然関係無い人が頼んだダンナより早くティッシュをくれた。
幸い寝転がしたお陰か直ぐ止まって、べそかきも終了。

ちょっと元気になると、これだ。
[PR]
by millaya | 2006-03-25 15:22

麗しきかな平熱

やっと平熱を取り戻したせーちゃん。
気分も良さ気で食欲もまあまあ出てきた。
病院ではまだ、音が悪いと1週間後の再診の予約を入れさせられたが、薬が効いるようなので、熱が無ければ、彼はアスリートじゃないし、登山や水泳(そんなもんせん!)なんかじゃなければ普通に外で遊ばしても良いとの事で、一安心。
せーちゃんも部屋の中ばかりで、イライラも絶好調と言った感じなので助かる。
それにしても私は、肺炎っていうのは酷い風邪で無理をしてこじらしてなるものと勝手に決めていたが、全くこの想像が覆された。
今日見てくれた年配のドクターも風邪との区別がつきにくいから判った時には入院のケースが多いので、早く来て見つかって良かったと誉めてくれていた。
ああ、
恐るべし高熱!
麗しきかな平熱!!!
[PR]
by millaya | 2006-03-25 14:08

愛しい笑い声

昨日の夜は随分楽になったようで、2度起きただけで、結構眠ってくれたお陰で、今朝はせーちゃんも私も久々に機嫌よく起床した。

熱が大分下がったせーちゃんはよく笑う。
ああ、なんとこの笑顔と笑い声の、愛しいこと!
笑ってくれる事がこんなに嬉しい事はない。

早速あっちこっち動き回って、(いや、熱が高くても動き回るのがこの人なのだが)私は冷や汗ものだが、微熱なので良しといった感じ。

昼過ぎ、一端中止を考えたが落ち着いているので、日本から来ている友人のSちゃんが遊びに来てくれた。もう古い友人といえるくらいの長い付き合いのSちゃん。今は数年に1度しか会って無くても現在進行形の話ができる友人は貴重だ。大人のお友達ならせーちゃんもそんなに興奮する事も無いので、気分もまぎれて私はありがたい。相変わらずビデオの助けは借りたが、まあまあ機嫌良く午後を過ごした。

が、夕方からはやっぱりかなりのぐずりモード、食欲はいまいちだし、パパが帰っても、世話の一切を私にしかさせない。
ま、まだ少し熱があるのだから仕方が無い。
明日は再び病院だ、大丈夫だと思うが、良くなっていますように。
[PR]
by millaya | 2006-03-23 15:04

高熱

心配しながら寝た火曜日、寝入っても直ぐ起きて、よく眠れない様子のせーちゃん。ひっきりなしに起きて、”まま、まま”だの”ぶし”>(=水)”なぁな”(=鼻)と言って鼻水を訴えたり、咳で苦しそうに起きたり。私に引っ付きたがって時折小さく身震いしたり、昨日は効いた座薬を信じてはいたが、ああ、熱高いなと思って夜中1時半頃検温。

逆から見た40.0

.......?一瞬測れてないのかと思った。

ピピピ!電子音、40.1

.......

座薬は?効いてない.....どうしよう、ER?でも連れまわして余計悪くなったら?
医療用水分補給ドリンクは、飲みたがらない。冷やしたいのに冷たいガーゼハンカチは嫌がる。
でも幸い自分で座ってちゃんと水を飲んでいたので、とにかく寝かそうと思って、眠らせる。
様子を見よう。
結局、少し寝ては起きて座って、
”まま、まま、あぁー”と部屋の暗がりを指差したり、
”ぱぱ、ぱぱ”とパパを呼べだの言うなんだっか危ないせーちゃんの言動に様子を見ながら付き合って、私は一睡も出来ずに朝方になった。
もう直ぐ朝だからと思って、やっと私も少し寝て、でもせーちゃんは何時もぐらいの時間の起床、
39℃を少し切るぐらいまで下がっていたので、少しだけほっとした。

結局、病院に電話をして、昨日に引き続き、また昼頃に違うドクターに診察を受けたのだが、
なんと、左肺が、肺炎!!!との診断。
昨日も来たのに!ああ、なんて思い響き......。可哀相に。
これの方が効くという熱さましと、抗生物質を処方して貰って帰宅。
車で少しだけ寝てしまったせーちゃん、お昼ね一緒にしようと思った私の思惑は消えた。

機嫌の悪いせーちゃんをまたビデオ付けにしていたが、抗生物質は効くのに数日かかると聞いていたのに、幸い熱が大分下がった。
本当に良かった。

熱が高いと生きた心地がしない、私が。
[PR]
by millaya | 2006-03-22 14:19

撃沈再び

木曜日は、M邸で4組でお集まり、土曜日はWeePlayでYちゃんと合流、何時ものように活動をしていたのだが、私は先週からどうも具合が悪くて、鼻詰まりが消えないばかりか夜になると38℃の熱。
週末は用事は済ませて1日寝ていたのに全然効果なし。
ダンナには「せーちゃんは直ぐ病院連れてくのに、なんでそんなになるまで行かないんだ?」
と、家事完全放棄の私を半ば責めたが、せーちゃん連れて風邪などろくに見てもくれない病院へ行くのがどんなけ大変か知らないのだ。私はつい億劫になってしまう。
が、もうこれは単なる風邪ではない可笑しい!観念して月曜日に病院へ。
するとなんと、鼻風邪から来ただろう蓄膿症だった。そんなもんで熱が出るなどと考えても見なかった私。先週の月曜日20数年ぶりの虫歯だと思って歯医者に行って、何にも無いとクリーニングだけしてもらって帰ってきたのもそのせいとの事。ドクター曰く虫歯と勘違いする人が居るそうで 「はい、私です!」と、手を上げそうになった。
そして飲まないと直らないと出して貰った抗生物質のお陰で久々の平熱の夜!
おおなんと素晴らしきかな、健康。
思えばせーちゃんを生む前は5年くらいは風邪で仕事を休んだりしていなかったはずなのに、なんともよく風邪を引く。子供からだと何時も風邪を引いていた同僚を半ば呆れて見ていた私なのに、このざまだ。ああ、あざ笑った私を許してくれぇええ。天罰じゃ!いや、単なる歳かも!?

そして、せーちゃんはというと、金曜日遊びに来るはずだった相棒のA君が発熱、もしやと用心していたらやっぱり日曜日から急に熱が上がった。
全ての予定をキャンセル、私の病院以外は家に居たのだが、夜には39.5℃の熱。
タイラノールも効果無し。2人とも撃沈となってしまった。
だが、何時も不思議にさえ思うが、それでも本人は遊びたがる。
日本から持ち帰ったとっておきの座薬を入れて無理矢理寝かしつけるまで、
ニモを見せろだの、天井のファンを回せだの、何時ものように跳ね回りながらの大騒ぎだった。
ま、元気で幸いといえば幸いだ。39℃代というだけで、結構ビビッて夜中心配で目が覚めたりするのに、この人がぐったりなどしたら、きっと私はもっと慌てふためくのだろう。
本日も朝から高かったので、病院へ、何時ものように元気だねぇと言われて帰ってきたが、
やっぱり熱が高いので、究極の子育て厳禁ビデオ攻め。
だって、何時もの短い昼ねしかしないし、これが一番体動かさないんだもの.....。
目が悪くならないうちに、明日は下がってくれるといいのだけど。
[PR]
by millaya | 2006-03-21 13:24

お人よしなイタズラ王

イタズラばかり取り上げるとそれだけで毎日何かあるだろう。
我が家のイタズラ王にはきりが無い。
今朝は、食事の延長で、ダイニングの椅子でフリーズドライの野菜をお座りして食べていたせーちゃん。私がラップトップを横の椅子で立ち上げると、立ち上がって椅子を移って背中にしがみついてきた。
と、同時に私の首から背中に何かがザザーと落ちてきた。
プラスチックのお椀を手に持ったままやってきたのだ。
故意だか事故だかは?だが、私は野菜のふりかけ状態。
まったく!立つのも何時も注意しているのに。
注意すると、持っていたお椀を投げ付けた。

「ポイしない!」そっぽ向き
「ポイしない!ポイしない!」   。。。大泣き!!

散々言ってやっと、自分で取りに行った。
そして毎度の拾い集め作業。一緒にやらせた。
お出かけ前の何時もの光景となりつつあるのが怖い。

そして、本日はマクドナルドのプレイエリアでのPG。
元気いっぱい、何時も何処でも怖い物なしで威勢良く動き回るせーちゃん。
でも、今のところ、やるよりやられる方が何故か何時も断然多い。
そう、こう見えてせーちゃんは何時も何かしらやられている。
決して弱虫では無く、明らかに強いワンパクタイプなのに。
今日も取られたり何だり、なんだかしょっちゅうビービー助けを求めていたのであった。
以外にお人良しなのかしら?
そう考えると、今朝のも私の首に落としてしまったのだろうけど、
でもやっぱり食べながら椅子の上を歩いた時点でアウト!
物を投げたらオワリだよね。
[PR]
by millaya | 2006-03-16 15:10

敵は手強し!

夜寝る前など寝付けなくて甘えた声で言う”まぁま、まぁま”のささやき声などは、とっても可愛く、愛しくて、寝たふりを止めて抱きしめたくなったりするのだが、
朝起きると一変、超ハイテンションせーちゃんとなる。

いつもはトイレに行くとちゃんとオシーをするせーちゃんなのだが、大きいのが出た直後は、一緒に出てしまっているらしく、あんまり出ない。それでもトイレには座りたがり、仕方が無いので少しは付き合うのだが、長く居るのも良くないので、止めさせようとすると、本人は、すると言って聞かない、絶対降りようとせず怒って反撃する。でもふーんといった感じで遊びモードなので、やっぱり無理やりはがして、降ろして泣き喚き暴れまくるのを無理矢理オムツをして、でもズボンは諦めて、「履いて。」と言い残して、ズボンと靴下と泣き喚くせーちゃんをリビングのゲートの中に捨て置いて、トイレに戻った。
一瞬用を足して戻ると、なんか泣き止んだべそかき顔のせーちゃんが自慢気に”しー”と床を指差した。

???.....

やっぱり一瞬訳が判らなかった私だが、何やら5cmくらいの濡れ染みがカーペットに?

お、おしっこだ!!!

見ると自分でオムツを脱いで下半身スッポンポンのせーちゃんが、指差し、しながら自慢顔。 ”ほら、だからおしっこ出るって言ったでしょ!!”と言わんばかり、いや、顔にしっかりそう書いてある表情。

口あんぐりだ!

まったく、どうなってんだ?我が息子の思考回路は!?
「おしっこ出たね。偉い、偉い!」
........などと言える訳がないだろうがぁああ、
怒鳴る事はかろうじて押し留まったが、
「せーちゃん!おしっこはトイレでするんでしょ!こんなとこでしない!!!」
非難がましく言うしかないではないか。
すると、予想外の私の反応だったらしく、顔色を変えて途端に大泣き、
「こんなとこでしないよ!」両手をとって責めると、
泣きながらも”ふうん。”いつもの情けなさそうな返事が返ってきた。

そして、お教室お出かけ前の朝っぱらから、また、ブツブツ文句を言いつつ、しゃがんで床掃除をさせられた。
これではまるで何時も私が怒られているようではないか。
ああ、せーちゃんには永遠にかないそうに無い。
[PR]
by millaya | 2006-03-14 12:38

優しい?

私はなんだか風邪っぽくてしんどかったのだけど、家に居ても寝転がれる訳でもなく誰かのせいで更に疲れるので、エイのは無理だけど、人間の学校もどき、もう1つの日本人の子供のお集まりに参加した。日本人の少ないと言われるEast Bay、でもこんなにしかも小さな子持ちが居るものだと関心するくらいたくさん要る。
そして何処に行っても物怖じという物を知らないせーちゃん。なんでも積極的に参加して、流石、判っているのかいないのか、1歳にして 学校へ行くと言うだけはある。
めいっぱいはしゃいでもやっぱり1時間くらいのお昼寝で直ぐ起きるせーちゃん。
「ママしんどいの。」と言っても”たっち”だの”あけて”だの”こっち”だの容赦は無い。
でも泣きと痛いには弱いせーちゃん、
私の泣きまねにはいつもつられて泣き顔になるし、「痛い!」と言うと、どうしようと覗き込む、一様心配しているよう。
「痛い痛いの飛んでけー」もバイバイ突きでやってくれるし、いい子いい子(なぜなぜ)も言うと必ずする。
ニモのオープニングは
”がくぐ(=卵)、ないない、がおがおがおー、ないない!”
ガオーとお魚が来て、卵が無くなるシーンを表現する。
「ニモのママもいないいないだね。」
”うぅん..."
「可哀相だね。」
”うぅん..."
とっても悲しそうに返事をするせーちゃんである。

少しは優しい気持ちも育ってきているのか、そうだといいな。
[PR]
by millaya | 2006-03-13 13:39

エイのがっこ

日は照ってもさむーくてなんだか日本を思い起こさせる週末。
御用事におわれて過ごす。
車で880北上中、せーちゃんが遠くに見えたコロシアムを見つけて、
”にも、にも!!”
確かにニモを見たのはあのコロシアム。でも、夜だったし、しかも反対から来たし、帰りは寝てたから見てないのに、良く覚えてるなぁと、ダンナと関心。
”にも、にも、えい、がぁっこ!”(ニモ エイの学校に行く)
「せーちゃんも学校行く?」
”うん!がっこ えい、えい!!”エイの上に集まるお魚の学校よっぽど気に入っているらしい。
「せーちゃんは、お魚じゃないから、エイの学校には行けないと思うよ。」
”うううん!えい がっこ。”

あくまでエイの学校に行きたいらしい。

久々に行ったチャイニーズスーパー、
水槽発見と共に見ると言ってきかないせーちゃん。離れたがらない。
”かぁに、ええび、とっと!”
しばらくは続くのだろう、ニモブーム。
[PR]
by millaya | 2006-03-12 13:28