彼のターゲットはグース、私の永遠のターゲットは”せなの背中”     from California


by millaya
カレンダー

<   2005年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

わんわんのHalloween

e0057740_1441869.jpg本日は10月31日Halloween当日なので何時ものPGでバークレイにあるChildren's museumのHalloween Partyに参加。狭い空間が仮装した子供達でいっぱいにうまっていてなんとも賑やか。わんわんは皆に大人気!
でも電車のセットを見つけて何時までも飽きる事なく遊び続ける。隣でお友達のまだ歩けないタコがウサギにしがみついていても、やはり何食わぬ顔で没頭するわんわん。
e0057740_14414677.jpg

e0057740_14421750.jpgせっかく来たのにと思い無理矢理別の場所に連れて行ってみた。車にはおおはしゃぎ。
ゴルフも何故か使い方を把握していて、ちゃあんとボールを打っていたわんわん。
e0057740_14424610.jpg水場ではやはりびしょ濡れ、でも楽しそうにパンプキンPっくんとおおはしゃぎ。
e0057740_14431318.jpg初めてのフェイスペインティングでわんわんの鼻をつけてた後初めての絵の具に神妙な面持ちのわんわん。
e0057740_14433126.jpg
厳重な監視の元、少しだけ壁塗りにも初挑戦。
e0057740_14435092.jpg既に濡らしてズボン靴は撤去されていたので怖い物なしだ。
わんわん大活躍のHalloweenであった。
[PR]
by millaya | 2005-10-31 14:40

今年はわんわん!

今年のHalloweenは、せーちゃんも良く判っていて、喜んだのでわんわんになった。
e0057740_10224159.jpg

本日は去年同様PGのお仲間で公園でHalloween Partyを開いた。皆様々な仮装をして、(させられて)ポトラックのランチを持ち合ってのお集まりだ。親達は少なくともとっても楽しんで皆カメラマンと化した。子供達も仮装は?だが公園で思い思いに楽しんだ。
せっかくなのに着るの嫌がってはと、2週間ほど前に買ってから、何度か着せた。
最初鏡を見せるとにたぁーと照れ笑い。せーちゃんも自ら”わんわん”鏡に向かって大喜び。「わんわんの耳は?」と聞くとちゃんと長い耳を摑んでにっこり。「わんわんのしっぽは?」と聞くとしっぽなどあまり教えた記憶もないのだけれど良く判っていてちゃんとお尻の辺りに手をやって探した。摑ませてやるとにっこり。振ってやると大うけだった。
おもちゃと一緒に置いておいて時々わんわんは?と聞いたりして、本人自ら着たがったりもして練習を重ねていたので、本日はほとんどずっと着ていられた。
e0057740_1023392.jpg
     with ママ達
e0057740_1023172.jpg
     with パパ達


e0057740_1129766.jpgAくんとのいつもの光景も怪しいわんわんとパンプキンの戯れとなり

e0057740_1129196.jpgいつもの取り合いも何故か可愛い光景に見え
e0057740_11292912.jpgいつもの後姿も愛らしい2人。
e0057740_11321671.jpg乗られずには居られないとばかりに大好きな汽車にも乗って大満足なわんわんであった。


e0057740_14403334.jpgちなみに去年のせーちゃんはハチであった。右端はAくん。まだ歩いていなかったので置いて写真など取れたが今年は子供達だけでの集合は不可能であった。
[PR]
by millaya | 2005-10-29 10:21

世渡り上手

遊びに来てくれたHさんに遊んでもらって今日も元気なせーちゃんだが、少々鼻垂れぎみ、お友達の風邪を貰ってしまったのか?それでも元気は元気、天気もどんよりだったのだけど、Jack London Squareに一緒に散歩に出た。
最近人の手を取って自分の思うところへ誘導したがるせーちゃん、Hさんの手もしっかり取ったり知らない人に愛想を振り撒いたり相変わらずだ。
目標物があるとすったか歩くせーちゃん。
100m?程先から5,6人のおば様団体が歩いてきて一人がストローラーを押していたので、指して無理やり、「ほら、ベイビーだよ。」と言ってみた。
するとまっすぐどんどこどんどこ歩いていって、近づいたとたん、指差して”ベイビィー、ベイビィー”皆から口々に”Yes,It's a baby.""How cute!!""Oh,He is adorable!"などと言って貰って、ますます愛想を振り撒いて世渡り上手なせーちゃんであった。
[PR]
by millaya | 2005-10-28 09:35

パンプキンマン+おんぶ

モールの中央、パンプキン+ハロウィーンの飾り付けと共に着ぐるみのパンプキンマン?が写真撮影のためベンチに座っていた。
さすがのせーちゃんも大きなまあるい顔のついたパンプキン、手足が出ていて、歩いて動いて手を振ってきたりするので最初恐る恐るといった感じだったが、何度か近づこうとして、最後にはやっぱり他に人が居ないのをいい事に真中の近くまでニコニコ近づいて行っていた。一緒にいた慎重派のPっくん、Aくんは遠巻きにそれを興味深々で眺めていて皆の性格そのもので可笑しかった。
昼食を食べて午後帰って来た時は微妙な時間で、せーちゃんはまたしてもエレベーターではなく外方面に向ったが、それは勘弁してもらってひっ捕まえて家にたどり着いた。
遊んでいて背中にへばり付いたので、なんとなくおんぶをしてみた。「おんぶだよ。ちゃんと捕まるんだよ。」一様手の位置など指導して立ち上がると、ちゃんとおんぶになっていた。おんぶ紐なくても出来るんだとなんか関心。でも本人には遊びなので、きゃあきゃあはしゃいで、レストランで貰った浮いているバルーンなどを叩きたがって、両手を簡単に放しておおはしゃぎ。結局私が後ろでに掴んでいるだけで、私だけが疲れた。が、せーちゃんはたいそう気に入って何度もやらされる羽目となった。
最近はしっかり走るし、少ない階段も普通に下りたり、小さな段は飛び降りたり、ボールを投げたり蹴ったりもお得意だ。本当にドンドン出来る事が増えている。おんぶ紐だってついこの間までしていたような気がするのに。
[PR]
by millaya | 2005-10-27 13:55

アイアイ傘

朝から妙に暗いと思ったけど何時もの霧だと思っていたら天気予報で雨、とうとう雨季が始まったらしい。考えてみたらもう10月も終わりなのだからなんの不思議もない。
朝から久しぶりに近所の遊びのお教室へ、荷物を背負って傘をさしてせーちゃん(10kg以上)を抱いてあんまり長い距離歩きたくないな、と思ったが生憎あまり近くは空いていなくて1ブロック程離れた所にかろうじて路中。下りたら幸い殆ど雨が降っていなかった。
殆ど判らないくらいの雨だったが、車から取り出して一様傘をさそうとしたら、鮫でもかかったみたいに急にずっしりと重くなった。
せーちゃんが釣れていた。
考えてみたら滅多に見る事の無い傘、そりゃ面白そうに見えるのに違いない。
傘を見るのはきっと5月の日本以来だろう。
すっかりしがみついて離さないので、仕方なくそのままの体制で前進してみた。履きすぎて先に穴の空いてしまった引退寸前の革のRobeezの靴から水が入らないか少し気になったが、大きめの傘だったし、私も小さいので、屈みながら、「ま、抱いていくよりは楽か」と思い直してそのまま歩いた。初めての怪しいアイアイ傘と相成った。
考えてみたら、私など以前の4年の滞在でSF市内での路中も今のように難しく無かった事もあり傘など持っても居なかった!
公共交通機関で通勤していた時はよく傘のお世話になったと思うが、せーちゃんに傘って必要なのだろうか?カッパ?長靴?あれば喜ぶのだろうが......
でも用意してもそんなもの使う機会が果たしてあるかは?
ココはカリフォルニア、そういえばせーちゃんが生まれて初めて雨を見たのも6ヶ月で日本に行った時だったっけ。
[PR]
by millaya | 2005-10-26 12:49

よぉくおぼえた!

今朝は8時過ぎまで寝ていた。...と聞くと別に普通に聞こえるがせーちゃんには特別だ。8時に寝て、夜中1回起きたものの8時過ぎまで寝ていたなんて記憶にある限り無い。外が明るくなっていて、せーちゃんより先に起きた私。どっかに転がり落ちてくたっとなっているのでは?と一瞬焦って、見えない目でせーちゃんを探した。が、別に直ぐ顔の横に虫のようにお尻をやや突き出して寝たいただけでほっとした。私は息をこらして転がっていたがそれから直ぐ目覚めて起き上がるとニコニコ私の体をぶん殴って起こした。
いつもより少し遅い稼動で、明後日から1ヶ月日本に行ってしまうMさんのところへ。他にもTさん、妊婦のMMさん、同じく日本に同じ日程で帰るYBちゃんが来て、大人5名に子供5名となる。花ちゃんとAちゃんは日本的にはせーちゃんと同い年。子供達の平均年齢が低いといさかいもまだ可愛いものだ。あっちで泣いてこっちで唸ってなどはもうあまりにも日常茶飯事でそれでも普通に会話を出来てしまう大人達だ。ただ妊婦のMMさんだけは、私がのん気に大丈夫と言ってる横で慌てて助けに行ったりしていて、私も前はこうだったし、彼女ももう直ぐ大丈夫派だと思ったりした。
皆より少し大きい3歳の彩ちゃんは、さすがおねーちゃんで5ヶ月のLちゃんをあやしたがった。彩ちゃんが現れるとせーちゃんは何時も後を着いて行きたがって、今日もお庭に付いて出て行ったりしていたが、そういえば前回、2人のやり取りが可笑しかったのをふと思い出した。ひらがなの本を広げる彩ちゃん、彩ちゃんが「あ」と指差すとせーちゃんも”ああ”と大きな声、すると彩ちゃんが「よぉくおぼえた!!」とちょっとおじさんのように何度もせーちゃんを誉めた。
大事な妹を時々泣かせるせーちゃんだけど帰ってきたらまた遊んでやってね。
[PR]
by millaya | 2005-10-25 12:57

”どーじょ”

いつものPG外が朝から寒かったし少人数、たまたま家の近くだったので、1時間半ほど?公園に居た後我が家に移動した。
皆して同じ物を使いたがって直ぐ取り合いになる。取り合ったついでに一緒に車に載せてみたら、2人乗りがやけに気に入ったせーちゃん、Pっくんが乗ると直ぐ一緒に乗りたがった。そのうち2人してすっころんで一緒に泣くかと思われたけど、それは間逃れて2人で顔を見合わせて笑い合ったりこいだりして楽しそうだった。
e0057740_1336263.jpg

最近”どーじょ”(=どうぞ)がマイブームのせーちゃん。何でもかんでも差し出す時は得意の”どーじょ”が付く、妙に丁寧だ。それは実はなんだか便利に作用する。ほんとになんでもかんでも”どーじょ”なのだ。例えばそれは嫌いな食べ物を返したい時にも付いてくる。言われた私は付き返すどころか何故か「ありがとう。」と言って受け取る羽目になる。何かが壊れて直して欲しい時も、本を読んで貰いたい時も”どーじょ”と持ってくるので怒れないし断れない。やっぱりせーちゃんは一枚上手だ。
お友達と取り合った時こそ得意の”どーじょ”を発揮してもらいたいものだが、そんな事を出来るのは何時になる事やら。
[PR]
by millaya | 2005-10-24 13:36

みら と せーちゃん

e0057740_5232475.jpg我が家の先住民、13歳になる猫のみらはとってもお人よしで甘えん坊だ。せーちゃんがお腹に居た頃私が仕事から帰ってソファーに転がるといつもお腹にくっついて、大きな音でゴロゴロ言っていた。せーちゃんが最初に聞いた音はもしかしたらみらのゴロゴロではないかと思うほどだ。
e0057740_5234358.jpgそのせいかどうかせーちゃんはみらが大好きで、自分で動け始めたころからみらに擦り寄っては抱きついてほお擦りしては甘えていた。まるでみらのゴロゴロにうっとりするかのようだった。
だが、せーちゃんが立ち上がっておもちゃなど振り回したりし始めてから、もういい年でのんびりのみらは何かと危険にさらされるようになり、私は疑う事を知らないみらを必死に守っていたのだが、最近では流石にせーちゃんの言動に素早く逃げるようになり。別の部屋で日向ぼっこする事が多くなった。
今日は珍しく相手をしてもらってご機嫌のせーちゃん。後をつけては一緒にごろんと転がって満足そう。みらもまんざらではないのだけれど......。
[PR]
by millaya | 2005-10-24 05:23
e0057740_5201027.jpgNさん家族と再びPampkin Patchに立ち寄った。街中にある畑で、こんなところに!?とちょっと不思議なくらいの場所だったが、小さいが入るとパンプキンの世界が広がっていた。汽車にも乗って、元気いっぱい。相変わらず賑やかな場所は大好きなせーちゃんだ。

e0057740_5202389.jpg牛にも触って、満喫の後、Nさんの希望でラーメン屋初体験と相成った。自分のお弁当は既に食べ始めていたせーちゃんだが、ラーメンを見るなり”ちうゅるちうゅる、ちうゅるちうゅる”と指差して欲しがった。ラーメン食べさせた事無いし、私ってそんなに麺の事ちゅるちゅるって言ってたっけ???と疑問に思いながら麺を上げると喜んで食べ続けた。
その後はモールに寄って、別のお店に寄って、御用事を済ませと忙しく家に帰った。
夕方、ハタと気が付いた。
「いただきます」という絵本に「つるつるラーメンおいしそう、ママもおはしでじょうずにいただきます。」というフレーズがあるのを思い出した。
きっとせーちゃんは”あ、ラーメンだ!ちうゅるちうゅるだ!!”と思ったのに違いない。
[PR]
by millaya | 2005-10-22 05:18
一足先に公園に着いて、砂場で遊んでいたらMAさん+Aくん到着。「Aくん来たよ。」声をかけると身を乗り出して姿を探すせーちゃん。柵のところまで連れて行ってやるとAくんを見つけて嬉しそう。近寄って来たAくんも満面の笑みで、2人はまるでちゃんと挨拶をしているかのように会話をした。
追いかけたり追いかけられたり、取ったり取られたり、常に同じ様な事をしたがって、一緒になって遊ぶ。2日違いで出てきたし、歩き始めやらなにやら結構近い感じで成長している二人である。
「最近こうでさぁ」、とどちらかが言うと、「家も家も」ということがとても多い。「1歳児ってもっと赤ちゃんかと思ってたけど、本当にいろんな事が出来るよね。」と今日も2人で頷き合っていた。
MAさんが手を繋がせると、ちゃあんと2人手を繋いで結構な距離を歩いた。
1歳半ちっちょい2人がお手手を繋いテコテコ歩く姿はなんとも可笑しく可愛い。
その内もっと本格的な喧嘩もするのだろうが、何時までも仲良しで居られるといいね、せーちゃん。
[PR]
by millaya | 2005-10-20 12:45